一両日中に、真空管プリアンプT2の2回目が届きます

なぜこのアンプを選んだかと言いますと、音質はもちろんのことながらBTとAUXの切替スイッチがついていた事とフロントパネルの仕上げがIndeedと同じヘアライン仕上だったことが決め手です。以前、BT付アンプを所有していましたが切替スイッチがなく、PCを付けると自動的にBTに切り替わり一々PC側でBT接続を解除する必要がありました。

後、本体の高さが同じであればベストだったのですが、同様の機を探しましたが見つけることが出来ませんでした。また、結果としてこのアンプはゲインが低いので、かなり音量を絞ることが出来ます。

CDダイレクトと同音量にするにはT2のボリューム位置を1時まで上げる必要があります。